NEWS・コラム

2019年オフ ホークス柳田悠岐選手、7年契約を結ぶことは何を意味する?

今オフ、ソフトバンクホークスとホークスの大スター柳田悠岐選手は、球団と7年契約を交わし大きな話題となりました。

「柳田悠岐の7年契約」について今回紹介します。

柳田悠岐選手の7年契約にいたった経緯と意図

柳田選手は、2017年に3年契約を結んでおり、2020年に海外FA権を取得、メジャーに挑戦することを視野に入れていました。

しかし、2019年シーズン中に、柳田選手は試合中にケガをし長期離脱してしまい、海外FA権取得が2021年と延期となってしまいました。

2021年にメジャー挑戦となると柳田選手はその時34歳。

メジャー挑戦にあたって年齢は大きく影響します。

また、海外FA取得は2021年ですが、ホークスとの契約が切れるのは2020年、国内FA権取得も2020年でした。

そのため、球団側は、契約が切れる1年前の今年、柳田選手に対して契約見直しとして7年契約を提示します。

2020年は現状維持の年俸5億7000万円、その後は変動制の4年契約+その4年間の結果を見て3年間の契約。

柳田選手にとって、

7年契約を結ぶこと=メジャーをあきらめることを意味します。

メジャー挑戦するために契約をそのままにするか、それとも7年契約を新たに結ぶのか、柳田選手は迷います。

そんな状況の中、柳田選手が選んだのは、、

、、、

 

、、、、、、、

 

、、、、、、、、、、、、、、

 

 

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 

 

ホークス残留・生涯ホークス

7年契約!

 

 

左膝故障で長期離脱し、海外FA権取得が最短で21年まで延びたことで「そういう運命」とメジャー挑戦の思いを封印した。契約終了後は「フィニッシュです」と現役引退も視野に入れており、ソフトバンクで選手人生を全うする。

引用:日刊スポーツ

 

そういう運命だった、とメジャー挑戦をあきらめた柳田選手ですが、この決断に至るまでには、いろんな人に相談したそうです。

7年契約の決め手となったのは、『ホークスに残ることで野球を長くすることができる』と考えたことでした。

 

「長い契約をしてくれたのは素直に嬉しいこと。ファンも喜んでくれるんじゃないかと思う」

そこまでホークスのユニホームで野球できれば最高だし、ケガした選手にここまで評価をしていただいて、感謝しかありません。」

そんなこんなで柳田選手はホークス球団と7年契約を結びました。

 

 

ホークスファンの反応

 

他球団ファンの反応

ホークスファンはこの柳田選手の決断を忘れない

柳田選手は、ぱっと見るとチャラく見えますが、非常にまじめな選手で有名ですよね。
インタビューでも、発言は天然系ですが表裏がなくいつも謙虚だなぁと感じています。

野球にも真面目に取り組むし、明るい穏やかな性格でよく笑っています。

そんな彼は2019年の長期離脱時に報道陣の前で涙を見せました。

あのギータがですよ!?
(余談ですが、それを見て私も号泣しました)

ケガが治るかわからない不安とリハビリの毎日、それを乗り越えて打席に立つことができたいろんな想いがつまった涙でした。

あのケガが、柳田選手の分岐点になったのは間違いありません。

メジャーに一番挑戦したかったのは柳田選手です

ファンとしてもメジャーで活躍する柳田選手を見てみたかった気持ちも少しあります。

だけど、その柳田選手が今の状況を運命だと受け入れて、単年契約ではなく生涯ホークス宣言してくれたことはファンにとってはすごくうれしいことです。

私たちファンは、この選択をした柳田選手を一生忘れないようにしないといけないですよね。

これからもホークスの柳田選手を一生涯応援し続けます。

315----0!