ホークス選手名鑑

ホークス三森大貴選手に注目!打ち方が変?どんな選手?足が速い?

今回は、2016年ドラフト4位でソフトバンクホークスに入団した、“みもりん”こと三森選手を特集します。

三森選手の打席を見ていると、絶対にヒットにしてやる!という強い気持ちを感じますよね。打ち方に非常に特徴があります。

栗原選手だけではなく、この三森選手にも今年は注目です!

ホークス三森大貴選手のプロフィール

名前:三森大貴
出身地:埼玉県越谷市
生年月日:1999年2月21日
身長:185cm
ポジション: 内野手
所属:ソフトバンクホークス(2017-)
2016ドラフト4位指名
三森選手は、4人兄弟の3番目で次男。
大貴の名の由来は「大きくたくましく育ってほしい」という両親の願いから。

三森選手、プロ初スタメンで記録尽くし!

三森選手のプロ初スタメンは、2019年4月21日、西武戦でした。
そしてその時の三森選手の記録がこちら!
  • 初スタメン
  • 初ヒット
  • 初長打
  • 初猛打賞
  • 初盗塁
  • 初打点
  • 初ヒーローインタビュー
1日でこれをやり遂げた三森選手すごいですよね。

この日は、三森選手のご両親も現地で観戦をしていて、ご両親の前でのこの活躍は見事でした。

ちなみにこの日は『美間選手と周東選手のプロ初ホームラン』の日でもあります。
大差をつけた勝利で、楽しい試合でしたね!

ホークス三森選手の高校時代

三森選手は、地元は埼玉なのですが野球のために、中学から青森県の青森山田中学へ進学し青森山田リトルシニアで3度の全国大会出場を果たします。

その後、青森山田高校へ進学し2年春に三塁手のレギュラーとして東北大会優勝を飾ります。さらに2年秋には公式戦13試合で打率.490、9盗塁し、再度東北大会優勝します。

そして、3年時には4番として自身初の甲子園出場を果たします。
甲子園では初戦敗退に終わってしまいますが、本人は甲子園で戦ったことは自分にとって大きな経験となった、と語っています。

そして、この年、ソフトバンクホークスよりドラフト4位指名を受けプロ野球選手となりました。

三森選手が、青森山田中学へ凱旋訪問した時↓

引用:青森山田中学校サイト

三森選手の評価・持ち味・足が速い!

「僕はパワーヒッターではないので、やっぱり広角に打てて、打率が残せる選手になること。足で相手野手を揺さぶって、こいつを出したら厄介だと嫌がられる選手になりたいですね」
三森選手入団時発言

三森選手は、非常に足が速い選手です。1塁到達4秒。
盗塁の成功率も高く、盗塁時はスタートを大事にしているので中途半端にならないように、投手をよく観察し走っていると語っていました。

盗塁は足が速いだけではなく技術やスタート力も重要です。
今後の三森選手の盗塁にも注目です。

では、ここでスカウトとコーチの三森選手の評価を見てみましょう!

作山スカウト
「バットコントロールがうまく、守備範囲が広い。大きな体(185センチ)でこれだけ走攻守そろった選手はなかなかいない」

藤井康雄打撃コーチ
「タイミングを取るのが上手い。どんなボールでも打てるし、体も強い。キャンプでも怪我なくやっていたしね。能力があるし、走攻守どれをとっても標準以上に出来る」

なるほど

そして、三森選手の守備のお手本は今宮選手です。
三森選手は、入団時にこのように語っています。

三森は高2の秋を前に三塁から遊撃に転向した際、参考としたのが今宮だった。「動画で送球などを見ていた。日本を代表する選手。そういう方と同じ球団に入れることは本当にうれしい」
引用:2016年11月6日西日本新聞2面

三森選手のこれからが本当に楽しみですね!

三森選手の新しいフォームへのファンの反応

三森選手は、2020年から打撃フォームを大幅に変えています。
そのフォームを変えたからなのか、球に食らいつきタイムリーが増えています。
個人的に、三森選手から「絶対にあててやる」という執念を感じています。


今回は、三森選手についてご紹介いたしました。
これからの活躍が非常に楽しみです!

今だ一振り強いスイング 狙い定めて打ち ホームベース目指して 三森よ駆け抜けろ