ホークス選手名鑑

SBホークスー甲斐野央(ひろし)はなぜこんなに人気?天性の人たらし力がすごい!

2018年ドラフト1位、東洋大学からホークス入団した甲斐野選手。

2019年11月開催された世界プレミア12でも侍JAPANのピッチャーとして、唯一のルーキーとして参加しました。

今、大注目!大人気の甲斐野選手に今回は迫ります。

甲斐野選手のプロフィール

生年月日 1996年11月16日
出身地 兵庫県西脇市
ニックネーム 甲斐野、ぴろし
身長/体重 187cm/86kg
野球 経歴 東洋大学
福岡ソフトバンクホークス(2018-)
ポジション 投手
ニックネーム

甲斐野選手はニックネームについて、入団会見で、『甲斐野』・『央』としか今まで呼ばれたことがないので、ニックネームをつけてほしいと話していました。

その後、ファンの間(特に女子)では、
ぴろし』呼びが定着。

東洋大・三羽烏の一人、大学時代の甲斐野選手

甲斐野選手は東洋大学に進学し、東洋大学1年の秋から活躍します。

3年生になり、
『プロ野球という夢をかなえるためには、ここで成績を残さなければいけない』という必死の思いで臨んだ秋季リーグ戦。

8試合35回を投げ、防御率2.06、5勝1敗、40奪三振8失点。
その結果、
最優秀投手賞ベストナイン(投手)獲得しました。

この頃の甲斐野選手の最高球速は、
158キロ。

4年生の夏には、大学日本代表として日米野球、ハーレムベースボールウィークに出場しました。
大会結果は、日本が全勝で12大会ぶり4度目の優勝となりました。

ちなみに、決勝の試合でクローザーとして最後を任されたのは甲斐野選手でした。

この時の日米野球のMVP、本塁打王には、主将の辰己涼介選手(現在・楽天)、
最優秀投手には松本航選手(現在・西武)が選出
ソフトバンクホークスに指名されるのも当然の実力ですね

ソフトバンクホークス 甲斐野央選手のルーキーイヤー

2018年ドラフト1位として入団。
2019年3月開幕時、甲斐野選手は開幕1軍という、好スタートを切りました。

 3月29日の開幕戦でプロ初登板初勝利を挙げ、デビューから13登板連続無失点のプロ野球新記録を樹立。
6月半ばからは、故障離脱の森唯斗に代わって一時クローザーも務めるなどフル回転。
最終的にはリーグ3位タイの65試合に登板し、2勝8セーブに加えて26ホールドを記録した。
引用:THE DIGEST

とにかく大活躍の1年でした。

ルーキーの甲斐野選手を使いすぎじゃ!?と、ホークスファンの中で心配の声が上がるほど、登板数は多いものがありましたが、

その甲斐野選手の力強い投球と頼もしさに、ホークスは何度も助けられました。

 【甲斐野選手の2019年】

  • プロ初勝利
  • 新人投手による連続無失点試合数-13試合。NPB記録更新
  • パ・リーグ2位
  • クライマックスシリーズ優勝
  • 日本シリーズ優勝
  • プレミア12優勝

結果として、甲斐野選手のルーキーイヤーは、大活躍の1年でした。

甲斐野選手は天性の人たらし?人柄は?

甲斐野選手といえば、『笑顔』とマウンドでの『凛々しい顔』のギャップが魅力です。

ホークスファンからもとても人気が高い選手ですが、ファンだけではなく、選手からも人気が高い選手と言われています。

甲斐野選手は、とにかくホークスの先輩から可愛がられていますが、

それはなぜなのでしょうか?

距離感が近すぎる?とにかく人懐っこい!

加藤和子さん(ホークス専属オフィシャルレポーター)によると、

甲斐野選手は天性の人たらし

 

 

というのも、甲斐野選手は、

天才的に人の懐に入るのが上』なんだそうです。

ホークスの先輩たちには、食事に連れて行ってもらったり、欲しいもの買ってもらったり、いじられたり、とにかくかなりの先輩方から可愛がってもらっています。

甲斐野選手は本当に魅力的な人柄ですよね。
みんなが好きになってしまう理由わかりますよね。

ちなみに、侍JAPAN参加した際も、巨人の坂本選手やクローザーの横浜の山崎選手たちにも一瞬でなついてました。

ちなみに、監督とも距離が近い。

ホークス公式のインタビューを受けてるときも、よく先輩からの横入り入ります。

先日のインタビューで、

『クライマックスシリーズ緊張する~』という甲斐野選手に対して、

『そんなに緊張するなら出るのやめましょうか?笑』という千賀選手からの突っ込みが入っていました。

それに対してこの満面の笑みで反論してました。

ミラーの法則とは?

甲斐野選手曰く、

自分は、好きな人はとことん好きになるタイプ、だそうで、
ミラーの法則を信じているとのこと。

甲斐野選手流・ミラーの法則とは、

自分が好きになったら、相手も自分を好きになってくれるということ。

  

次のページ甲斐野選手のセクシーTシャツ事件について
1 2